秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会ブログ

男鹿・門前の隠れた名所・「強清水(こわしみず)」

 

男鹿市を加茂青砂方面に車を走らせると、門前の「五社堂」を過ぎ間もなく左側にひっそりと、その清水は存在しています。

 

男鹿市門前は紀行家・菅江真澄の道ともいわれ、彼の日記「男鹿の秋風」の中にも記述があります。
「強清水(こわしみず)」は、真澄がおよそ200年前この地を訪れた際「きよき清水あり、こわ清水」と書き示してありますが、現在ではわずかに地元の人に知られているのみ…。
■□■□ 強清水を楽しむ会 □■□■

 9月28日は、この記念すべき清水の解禁(※水質調査後ではこの日が初公開)を祝うべく、赤神神社で「強清水を楽しむ会」が開催(男鹿市商工会・観光サービス部会企画)。“解禁日”なんて、まるでワインみたいですね(笑)。

 この水がコーヒー・茶・炊飯などに適している軟水であることから、秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会会員でもある「こおひい工房 珈音」の佐藤毅さんが、淹れたてのコーヒーを提供、さっそく味わうことに!

 佐藤さんによるコントラバス演奏や…

 安藤兄弟・吉村氏の篠笛となまはげ郷神楽・岩沢氏によるかけあいなども、美味しい水で淹れたコーヒーに花を添えていました。
■□■□ 徐福公園散策 □■□■
 午前中は、男鹿温泉郷・雄山閣代表の山本次夫さんの説明により「五社堂」近くの徐福公園を散策。あいにくの雨でしたが、徐福塚などを見学しました。

 強清水は、「幻の命の水・不老不死の水」とも言われているようです。
 ほんとかどうか、ぜひ皆さん自身で確かめてみてくださいね。
    県央担当よどぎみ。
グリーン・ツーリズム推進協議会HP
美の国秋田 桃源郷をゆく
ツイッターでつぶやき検索(akitagtkenouでつぶいてます!)
 《twitter》→ハッシュタグ #akita_gt #greentourism
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年10月14日18:07 | 県央情報 | Trackbacks (0)

Trackback URL

Trackbacks

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
検索
RSS