秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会ブログ

能代市 農家民宿星場台のどぶろく

今年も“どぶろく”できました!
 
農家民宿「星場台」の野村良子さんが経営する
「能代里山酒造」のどぶろくが、今年も完成しました。
ノーマルな白いどぶろくは販売スタート、
県内ではここだけ、紅いどぶろくは来月中旬販売開始予定です。
間もなく紅白とり揃います!

….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○°….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° …..

11月中旬のある日。
能代市桧山の一軒家。青いエプロンにメッシュの帽子とマスク姿。
真剣なまなざしで試験管のメモリをみやる。
「う~ん、にー…、てん、に!誤差があるから2.6か。」。


「能代里山酒造」の野村良子さんです。
農家民宿「星場台」を経営する傍らこうして冬場はどぶろくを作っています。
お酒の香り漂う室内では、3日後に瓶詰めするどぶろくのアルコール度チェックが行われていました。
まだ米の粒が残る白濁液がフラスコの中でグツグツ火にかけられ、
一滴一滴、アルコールが落ちていきます。
☆県内の“どぶろく特区”☆ 
 県内には、国の構造改革特区法に基づいて「どぶろく特区」に指定され、どぶろく作りを許可された地域が、
 ・能代桧山・八峰・仙北・八郎潟・由利本荘・阿仁(マタギ特区に含む) の6か所あります。
 「どぶろく特区」の認可を得ることのできるのは、
 民宿やレストランなど酒類を提供できる場を営み、
 その特区内において、自ら栽培した米を用い濁酒(どぶろく)を製造できる農業者とされており、
 野村さんは能代桧山地区ではただ一人どぶろくを作っています。

….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○°….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° …..

◆常に前進!
野村さんのどぶろく仕込みも今年で4冬目。
女性個人でどぶろくを造るのは県内でも野村さんただ一人。
軌道に乗るまでには様々な苦労がありました。
温度調節が難しく一樽全てダメにして途方に暮れてしまったり、
酒の様子を見る2~3分のために、夜中暖かい布団を抜けるときは
免許なんか取らなきゃよかった、と思うこともあったといいます。
しかし、「おいしかった!」「来年も楽しみ!」「できたら連絡ください!」という
お客さんの声が一番嬉しい、という今ではもう笑い話となりました。
去年からは特別な酵母を取り寄せ、紅いどぶろく「桃こまち」の製造も始めました。
「どぶろく特区が増えたから、常に新しいことで前へ前へとしていかないと取り残されてしまう。
いつも一歩前に出ていないとダメだっていう使命感に駆られるのよ。」
農作業の合間の副業として始めた民宿とどぶろく造り。
決して儲かるものではなく、周囲の期待に対するプレッシャーもある。
それを、野村さんはこうして常に前進することで乗り越えてきたのです。


◆夢は叶う
結婚し桧山に嫁いできた野村さん。
農作業と子育ての毎日に、「つまらない自分の人生をどうにかしたい」と漠然と考えていたといいます。
そんな時出会ったのが“グリーン・ツーリズム”。「変わった生き方もいいかなと思って(笑)」と
起業を決意した当時を振り返ります。
今では、全国から多くの人が訪れる人気の宿に成長しました。
そうした繋がりから、野村さんが育てるお米や酒を心待ちにしている人が全国に大勢いるのです。
「ただの農家の主婦だったら体験できなかったことができている。
今こうして気づくのは“自分の夢は諦めなければ叶う”っていうことなの。
夢が叶うっていうのはそれを叶えたいか、諦めるかっていう2つしかない。
気苦労も多いし、諦めるのは簡単だけど、
わたしは常に挑戦していたいと思う。」


◆すべてに「感謝」
常に努力を重ね、夢を実現させてきた野村さんは、
自分を取り囲む人たちへの感謝の気持ちを忘れません。
それは、寒い中一緒にお酒を詰めてくれる夫、
重い酒の樽を一緒に持ち上げてくれる義母、
健康に働ける身体に育ててくれた両親、
泊り込んで日常のグチを聞いてくれる親友たち、
そして桧山の人々とたくさんのお客さん、そのすべての優しさに対して。
この優しさがこれまで野村さんを支え、またそうした温かい心に応えようと、
野村さん自身も頑張ってこれたのではないでしょうか。
野村さんの一言一言には、その「感謝」の想いが滲み出ていました。
最後に「やってよかったと思いますか」と伺うと、
「もちろん!」とはっきりと即答してくださいました。

….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° …..


そんな野村さんが今年仕込んだお酒が販売開始になりました!
第一号は大館からのお客様。「社長がどうしても明日飲みたいということで…」と
社員の方がわざわざ大館から車を走らせてきたそうです。
野村さんの使うお米(あきたこまち100%)は、全て自家栽培の有機米。
今年は、さらに天日干しにして手間暇をかけて育てました。
今までにない上等なお米を使った野村さんのどぶろく。
今年の冬は紅白のどぶろくで決まり!

….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ….☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° ☆.o○° …

☆能代里山酒造 どぶろく「雪こまち(白)」☆
    720ml 1200円
    1620ml 2700円   
野村さんの自宅裏の「能代里山酒造」で直接、また郵送(代引き)で販売しています。
※紅いどぶろ「桃こまち」は値段が若干異なります。販売予定は12月中旬です。
【問い合わせ】 能代里山酒造 野村さん
         〒016-0151 秋田県能代市桧山字星場台129 電話/FAX 0185-58-5344 
*秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会 会員情報*
                    農家民宿「星場台」の情報はこちら。
                               県北担当 やっつ

2009年11月18日03:05 | 県北情報 | Trackbacks (0)

Trackback URL

Trackbacks

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
検索
RSS