(県央)潟上市 昭和豊川山田地域
Toyokawayamada Area,Katagami City

平成30年5月28日 / May 28th,2018

聖農・石川理紀之助(種苗交換会の創設者)が約100年前に貧農生活を実践した“草木谷”で、大豊小学校5年生による田んぼの楽校(がっこう)が開催されました。

Seinou Rikinosuke Ishikawa is the founder of Shubyokokankai (Akita’s annual agricultural fair).
(Seinou is a term that literally translates to “saint agriculturalist.” He is a revered figure for his contribution to the agricultural development in Akita during the Meiji era.)

5th graders from Otoyo Elementary School has visited Kusakidani, an area where Ishikawa spent a life as a poor farmer about 100 years ago, and they participated in workshop called Tambo-no-Gakko, a Rice Paddies School.

 

(↑奥の小さな建物が理紀之助が住み込んだ山居跡。手前は大森山動物園からいただいたと言う象の糞)

(→生き物調査も実施。ドジョウ、ヤゴ、カワニナなど自然がいっぱい)

 

主催したのはNPO草木谷を守る会(石川紀行代表)で、米づくりを昔ながらの手作業で田植えから草取り・稲刈りまで一年を通した取組を行います。また、周辺の生き物観察を通して自然の大切さや、下流の八郎湖の水質悪化を考えることも教えています。

The activity was organized by NPO Kusakidani wo Mamoru kai (Group to Protect Kusakidani Area). In this school, the children can experience the entire process of rice farming, from hand-planting to weeding to harvesting. Through this experience, they can learn about the importance of the Nature while observing living creatures in the surrounding environment and give thought to water contamination in the lower reaches, Lake Hachirogata.

 

マップは草木谷田んぼへの入り口を指しています。

 

  NPO法人草木谷を守る会
代表の石川紀行さん(右)。

理紀之助の5代目末裔です。

 

〈外部リンク〉
NPO法人草木谷を守る会

〈外部リンク〉
石川理紀之助

 

 

 

 

 

 

 

 

取材:情報発信推進員 鐙 長秀


秋田花まるっ 元気通信

【参加者募集】体験館一会でブラックベリー摘み取り体験
体験館一会では、いろんな種類のベリーを栽培しています。摘み取り体験・第二弾は、ブラックベリー!栽培

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神