本出版のお知らせ

「おかえりなさーい!かもあおさ笑楽校」代表・土井敏秀さんが執筆した本です。ぜひ、お手に取ってご覧下さい。

最果てのピアノ

男鹿に移り住んで20年が経つ土井さんが、当時と今の男鹿、集落の方や男鹿の若者たちとの出会い、そしてこれからのご自身の役割を考え、一冊に記録しました。POD版と電子書それぞれから購入可能です。詳しくは、金風舎ホームページをご覧ください。
金風舎ホームページ>最果てピアノ:男鹿半島に移り住んで20年 元新聞記者の、気づいたら古希

「男鹿のなまはげ(絵本)」

知っているようで知らなかった「なまはげ」。そして、なまはげの物語にひそんでいるもうひとつの物語にちょっと切なくなります。1冊1,200円(税別)
注文・問合せは、土井敏秀さんまで。
●住所/男鹿市戸賀加茂青砂字鴨16
●電話・FAX/0185-37-2580
●E-mail/doikamo@js6.so-net.ne.jp
◎「男鹿のなまはげ」取扱店ひらのや書店(秋田市大町1-5-19)/小松クラフトスペース(秋田市中通4丁目17-9)/秋田贔屓(びいき)(秋田市大町1-2-40)/あきた県ゆとり生活創造センター「遊学舎」(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)/あきた美彩館(東京/JR品川駅 高輪口、 京急線 品川駅 徒歩3分)

   

海も、木も、風も、人の子どもも、大人も、おじいも、おばあも、
みんないっしょに 笑い、楽しみ、育み合う ふるさと学習の場。

小さな集落で暮らす子どもたちの学び舎・加茂青砂小学校は、2001年、過疎化による児童数の減少とともに125年の歴史に幕を閉じました。
その後、新たな交流の場「かもあおさ笑楽校」として生まれ変わりました。

持続可能なシンプルな暮らしと豊かな暮らしを全体テーマに、様々な体験教室、企画展、イベントやワークショップを行い、古き良き伝統や知恵、技を習う機会を作って参りました。それらを通して、世代間や世界観を越えて、感性を刺激し合い、創造性を高め、コミュニケーション能力を養うことで、子育て、親育て、また趣味や娯楽など、様々な用途で、お楽しみ頂いております。 その他、ジオパークや男鹿の歴史、昔話、音楽、アートなどの文化交流の場としても、ご利用頂いております。(公式HPより引用)

これまでの活動

※地域住民が講師となる体験をご要望の方は、男鹿市教育委員会 生涯学習課 文化財班
(TEL:0185-46-4110 / E-Mail:kyouiku@city.oga.akita.jp)にお問い合わせください。

かもあおさ笑楽校の施設は、貸し出しも行っております。ワークショップや体験教室、イベントの企画など、ご提案、ご相談下さい。(施設には、教室、図書室、音楽室、給食室、体育館がございます。)

お問合せ

住 所
〒010-0671 男鹿市戸賀加茂青砂字鴨16
TEL&FAX
0185-37-2580
代 表
土井 敏秀