彦三

 

 

   

  そば処、羽後町。ここに、自宅を開放して「癒し」と「味」に定評が高いそば屋、彦三があり
  ます。「今度はあの人を連れてこよう。」誰かにそう教えたくなる、とっておきの店がまた一

  つ増えること、間違いなし!
      

愛される店には理由がある

 

▲店主の猪岡専一さんと奥さん

彦三セット 1,350円(税込)
冷やがけサラダ 700円(税込)
どちらも定番・冷やがけそばに加え、それを囲む品々にも箸が進む。おすすめ!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
猪岡さんは、「羽後町そば栽培研究会」を立ち上げ、愛する羽後町のために尽力する。地域ぐるみで羽後町を盛り上げよう、という生きざまがかっこいい。その人柄もお客さんを呼ぶ寄せる理由だ。

<羽後町新そばまつり> (2009年10月)

町内で収穫された新そばの味をたくさんのお客さんが堪能。そば打ち体験も!

<羽後町田代地区 正月料理>2010年1月
地域に伝わる伝統食を再現。その土地に住む女性たちを募り、そばも併せてお振舞い。
<ゆきとぴあ七曲 花嫁道中>2010年1月
伝統行事の一つ。彦三は休憩地点になっていて、多数の参加者にそばを振る舞う。

memory
秋田花まるっ元気通信: 羽後町 そばの新品種「にじゆたか」にかける想い  (’11.12.27掲載)

秋田花まるっ元気通信:刈り上げ節句のもてなし料理 -羽後町田代地区-
                    (’11.10.23実施 10.26掲載)

そば屋 彦三流 
花嫁道中とグリーン・ツーリズム(’11.1.29実施)

秋田花まるっ元気通信:収穫新そばまつり そばどころー羽後町ー('09.11.16掲載)
 
 

彦三
住所
雄勝郡羽後町西馬音内字中町51
電話
0183-62-1520
FAX
0183-62-5620

営業時間
午前11:30~売り切れ次第終了
定休日
毎週水曜日(農繁期休み有り)   

2009年10月08日
○羽後町「収穫新そばまつり」開催されます!
日時:10月25日(日)午前の部10時〜12時、午後の部13時〜15時
会場:羽後町活性化センター
内容:オープニングセレモニー(※午前の部のみ そば餅まき大会、元城獅子舞、仙道番楽)、振る舞いそば(※午前の部のみ 当日先着順50名様にプレゼント(無料券))、羽後町満載お楽しみ抽選会、大興奮そば殻宝探し大会(お子様対象)、無料そば打ち体験(午前・午後:各先着5名様 10月20日まで事前申し込み)、そば栽培写真パネル展示(会場内)〜農産物販売などいろいろなお店が出ますのでお楽しみに!〜
チケット案内:地元収穫新そば(冷かけ、温かけ2食セット)前売券800円(当日券1,000円)※チケット販売は、前売・当日合わせて限定750枚!お早めに羽後町役場農林課(電話0183-62-2111)へ!
主催:羽後町収穫新そばまつり実行委員会(羽後町役場農林課内)電話0183−62−2111
2007年11月22日
イメージ1そば焼酎「羽後の郷」誕生!

 羽後町そば栽培研究会で栽培したそば、羽後町にかつてあった造り酒屋さんの仕込み水を使ったそば焼酎です。定価1,365円。2,700本の限定販売です。羽後町内の酒屋さんで販売しています。
 新そばを食べながら、おみやげにどうぞ!


【西馬音内盆踊り】

日本三大盆踊りの一つ「西馬音内盆踊り」で知られる羽後町西馬音内にあるそば屋です。

【玄蕎麦】

先達からの土地で育った「玄蕎麦」を低温倉庫に寝かせ、原料の風味を大切にし、我家独自のこだわりで紛い物を一切加えず、香りと甘さを個性にした挽きぐるみのそばです。
西馬音内のそばの特色は「冷やがけそば」「挽きたて」「打ちたて」「ゆでたて」の美味しさをお楽しみください。
生産農家ならではの「そば会席」もあります。
(そば会席は5~15人 完全予約制)

彦三
彦三マップ

印刷用ページ


秋田花まるっ 元気通信

【参加者募集】ここから秋田:泰山堂のお母さんと無国籍勝手料理づくり
<今年度4回目の開催です!> 今回は、リピーター参加者様のリクエストで、「あんこ作り」を取り入れま

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神