一般社団法人 仙北市農山村体験推進協議会より

秋田県仙北市、地域DMO 一般社団法人田沢湖・角館観光協会と東日本旅客鉄道株式会社秋田支社は、仙北市における観光需要の更なる創出を推進するため、「観光まちづくり」に関する連携協定を締結しています。
このたび、同連携協定の取組みの一つである五感楽農事業の一環として、全国的な知名度と人気を誇る乳頭温泉郷“鶴の湯温泉”の魅力と、毎日の効果的な入浴方法について紹介する「温泉と入浴講座」を2会場で開講します。
これから一段と寒さが厳しくなりますが、心と体を温める楽しいイベントにぜひお越しください。

開催日時・場所・定員
2022年1月15日(土)
【秋田市会場】秋田ノーザンゲートスクエア 多目的室(秋田市中通7丁目1-2-3)
10時00分~11時30分 定員20名(秋田県内在住者限定)

【仙北市会場】仙北市役所角館庁舎 1階会議室(仙北市角館町中菅沢81番地8)
14時30分~16時00分 定員30名
演題
演題①鶴の湯温泉の歴史とこれから
鶴の湯温泉 代表取締役会長 佐藤 和志 氏

演題②バスクリンが指南!毎日の健康で癒される入浴法
株式会社バスクリンつくば研究所フェロー博士(薬学) 石澤 太市 氏
参加費
無料
参加申込
電話または受付フォームにてお申込みください。(受付締切:1月11日(火)12時00分)
電話番号:0187-43-2277
(一般社団法人 仙北市農山村体験推進協議会 平日9時00分~17時00分)
受付フォーム:https://forms.gle/5bc49MGbALoBp4Gb9