(県南)横手市 三又地域 / Mitsumata in Yokote city

令和元年11月23,24日 / November 23rd-24th, 2019.

秋田大学の学生が10年前から三又地域で農家民宿三又長右エ門を営業する高橋篤子さんの指導で、特産の「いぶりがっこ」作りを続けています。夏の播種から秋の収穫、冬の燻し、漬け込み、商品作り、販売まで一連の作業を実践しています。

For the past 10 years, students of Akita University have been making “Iburigakko,” a specialty of Akita, under a guidance of Ms. Atsuko Takahashi of Farm Inn Mitsumata-Choemon in Mitsumata area. The students have been experiencing the entire making process from sowing in the summer to harvesting, smoking, pickling, packaging and selling in the winter.

11月下旬の2日間の作業は、大根収穫・運搬、大根洗い、編み込み、燻した大根のひげ根取りと洗浄(煤落とし)、漬け込み等です。商品(商品名=いぶりばでぃ)の出来栄えに影響するので、面倒な作業工程も時間をかけて根気よく丁寧に行いました。

They spend 2 days in late November harvesting and transporting the daikon radishes, tying them in bundles, removing the excess lateral roots from smoked radishes and wash them (clearing out soot), and finally pickling them in a special liquid. This strenuous process is carried out carefully with time and patience, for it affects the quality of final product (named “Iburibadi”).

 


農家民宿・農家レストラン 三又長右ェ門

※農家民宿、農家レストラン共に完全予約制です。

住所
横手市山内三又字上野12
TEL
0182-53-5138
FAX
0182-23-6565
宿泊料金
1泊2食付 6,500円、1泊夕食のみ 5,000円、素泊まり 4,000円
(飲み物は別途)
定員
和室2室(5名まで)
関連ホームページ


マップは、農家民宿三又長右エ門を指しています。


三又地域は、「守りたいあきたの里地里山50」に認定されています。

 

取材:情報発信推進員 山本信作