平成29年度  農村での交流拡大ブラッシュアップ事業<三種町>
2回目 実践・検証

2018年3月1日(木)

田舎ぐらし大学みたねの会員が、冬の体験プログラムについて考える2回目の研修を行いました。今回も専門家として、(一社)全国農協観光協会 の清水寿一さん(写真左)をお招きしました。

2回目の研修は、「わかさぎ釣り」の体験プログラムを検証する予定でしたが、日程や天気の都合でできず、次の候補に挙がっていた「ジャム作り」と冬の郷土料理「けだて」の調理体験を実施しました。天候に左右されない体験であり、それをメニュー化できるかどうか。更にどれだけの付加価値をつけて提供できるかの検証です。

(参照:1回目 現状の把握 2017年12月21日)

 
オリエンテーションの様子。料理名人が揃っている「田舎ぐらし大学みたね」の皆さん。   早速取り掛かったのが、三種町産のブルーベリーで作るジャム作りです。
 
 

ブルーベリージャムは、煮詰めるだけの簡単料理。甘さ加減もバッチリなジャムがカップ3つ分できあがりました!しかし、今回の体験者は2人。もし、人数がもっと多い場合はどうなるでしょうか。ジャム作りをしながら、材料をえられるか?時間配分は?対応するスタッフ人数は?など考慮すべき項目が挙がり、「簡単な料理であっても、手づくりのレシピを作りましょう」と清水さんからアドバイスがありました。

 
次は、郷土料理「けだて」を作りました。秋田県北地域で食べられる料理で、他地域では「けの汁」、「けのこ汁」等とも呼ばれています。わらび、ふき、さく、えにょ(えんにょ)等の山菜がたっぷり入り、それに人参、ごぼう、大根、厚揚げ豆腐が加わりました。最後に炒った大豆(ずんだ)を入れるのが「けだて」の特徴です。
 
「けだて」が完成したら、ちょうどお昼になりました。柴田会長もメンバーであるJA直営の直売所「JAンビニann・an(ジャンビニアンアン)」で購入のおにぎりも嬉しい♪地元産の食材が豊富な昼食をみんなでおいしくいただきました。
 

午後は、振り返りの時間を設けました。午前中の体験指導をしてみて感じたこと、これから改善すべきこと。そして、今の田舎ぐらし大学の活動の現状を会員の皆さんからお話いただき、それに対し、ひとつずつ清水さんよりご助言をいただきました。

清水さんからいただいた「三種町なら日帰りも宿泊付きも体験の受け入れがどちらも対応できるのではないか。季節ごとに町の特色や会員の皆さんの得意分野を活かせる体験プログラムが組めるのではないか」という言葉は、会員の皆さんの自信となり、また一歩踏み出すきっかけになったようです。


秋田花まるっ 元気通信

【参加者募集】Timeの庭で、ハンキングバスケット作り体験
 ゴールデンウィークに春のタイムの庭で、ハンキングバスケット作りを体験してみませんか。ハ

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神