秋田グリーン・ツーリズムまるごと体験研修

第2回 大館市
~農と地域資源のつながり~
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2016年10月22日(土)~23日(日)

 

 秋田で学び・暮らす若い世代に、グリーン・ツーリズムのサポーターになってもらいたい!そんな思いで始めた「秋田グリーン・ツーリズムまるごと体験研修」。参加者も受入農家も事務局も、新たな発見をした第1回仙北市での研修(研修の様子はこちら!)。
 2回目の研修先は、大館市。大館市といえば、「きりたんぽ鍋」、そして伝統工芸品「曲げわっぱ」。農家民宿での宿泊や農業体験を組み合わせて、大館市をまるごと体験できる仕組みを作っています。大館市で行なわれている取り組みを実際に体験しました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

今回の研修では、参加者の皆さんには、次の3点をお願いしました。
①日本人学生の皆さんは、留学生が日本語が理解できていないときは、通訳してあげてください。同じく、農家さんとうまく会話できないときは、あいだに入って手助けをお願いします。
②農家体験のときは、農家さんといっぱい会話してください。

「どんなところが楽しくて、体験を受け入れているか」「もし、学生が体験を受け入れる時に手伝いをするとすれば、どんな手伝いをしてもらいたいか」をインタビューしてみてください。 
③今回は、大館市の地域資源(曲げわっぱ、きりたんぽ鍋、大館郷土博物館、鳥潟会館、鶏めし弁当)を体験します。今後、体験したことを紹介する時に、おすすめポイントや注意したい点を考えてみて下さい。 

【1日目】10月22日(土)
「曲げわっぱづくり体験」(有限会社柴田慶信商店

「親から子へ 子から孫へ」。末永く使える、曲げわっぱ。お店の中には、お弁当箱以外にも、いろんな用途の商品がたくさん。見てるだけでも、飽きません。

いよいよ、体験です。今回は、パン皿を作ります。世界で一つだけのMyパン皿!白木のお皿が程よく焼きたてパンの蒸気を吸ってくれて抜群においしくなるんですって!お湯に入れてやわらかくした木材を曲げます。ムム、折れそう・・・。

山桜の皮で綴ったり、底板を慎重にはめて金槌でたたくけど割れないように力を加減したり、接着部分が見えないように、そして手触りよくなるようにヤスリでひたすら磨く・・・。
気分は、すっかり職人です。今回は、英語で工程を説明してくださる社員の方がいてくださり、勉強にもなりましたし、とっても心強かったです。

作品を乾燥させている間に、材料となる木材や工場の中を見学させてもらいました。天然の秋田杉を大事に保管している様子や、職人技を間近でみせていただきました。

これからの朝食がもっと楽しくなりそう!柴田慶信商店の皆さん、ありがとうございました!

郷土料理「きりたんぽ鍋」づくり体験(陽気な母さんの店

 

大館をまるごと知る上で、いまや欠かせない「秋田弁ラジオ体操」。体と心をほぐします。

いよいよきりたんぽ鍋づくりスタート!まずは、鍋の主役・たんぽづくりからです。
秋田杉の串に、均等になるように、「半殺し」したご飯を伸ばしていきます。専用の焼き台で軽く焼き目がついたら・・・。

甘めの味噌をに塗ってもらって、「みそたんぽ」の完成!お味は、皆さんの表情から「おいしい!」が伝わってきますね。

鍋用のたんぽを焼いている間に、鍋の具材や副菜づくり。「口より手を動かしてね~。お昼ごはんにたどりつかないよ~。」とお母さん達から激励をもらっています。

副菜の準備も整って、いよいよ「きりたんぽ鍋」づくり。具材を入れる順番を間違わないようにして・・・ふたをしたら、「おいしくなーれー」と念を鍋に送ります。
 
おいしそうですね!副菜のサラダや漬物には野菜たっぷり。これらは、すべて「陽気な母さんの店」で販売されている野菜や果物で作りました。秋は野菜や果物が特に豊富です。

【大館市グリーン・ツーリズム講話】
大館の概要説明(大館市移住交流課 係長 小松準氏)
大館ならではのグリーン・ツーリズム紹介(大館市移住交流課 主査 佐藤元氏)
グリーン・ツーリズムについて(大館市まるごと体験推進協議会 会長 石垣一子氏) 

 
「大館というところ。」と題して、映像で学んでもらいました。   「秋田犬」になりきってPRです。
 
「一生懸命な気持ち」と「本物」を伝えることを大事にしているとお話して下さいました。   「陽気な母さんの店」の立ち上げ秘話もお聞きすることができました。

【農家民宿での滞在】
<受入先:いち林(石垣一子氏)、和(なごみ)の里(虻川和枝さん)、松之助(畠山市子さん)>

 
 
夕食も、みんなで一緒に作ります。トマトを切ったら、偶然ハートの断面だったりと一緒にその時の感動を分かち合えます。近所に住む、小学生のお孫さんも一緒に夕食を囲んでくれてプチ国際交流もできました。
【2日目】10月23日(日)
翌日、「和の里」チームは、娘さんのアトリエで、ハンガーづくり。大量のハギレから、好きな柄を選んで、ワイヤー製のハンガーに巻き付けて世界で一つだけのオリジナルハンガーになりました。作業しながら、みんなと会話を楽しみながらの体験となりました。
     
   
     
「お別れセレモニー」では、全員から感想をお話していただきました。
 

「また来てね!」「また来ます!」
文化・伝統・歴史から大館を知ってみよう!
大館郷土博物館 
大館郷土博物館は、民俗・先人顕彰・考古・歴史・農業・自然・鉱業・林業の展示のほかに、曲げわっぱ展示室・こども科学室、美術工芸展示室からなります。ぜひ、時間をたっぷりとってじっくり見てみたい穴場の博物館でした。イギリス・大英博物館に展示されたことのある「塚ノ下遺跡出土土偶」(県指定文化財)も見ることができました。
鳥潟会館
最後は、鳥潟会館へ。ここで、大館名物・「花善」の鶏めし弁当に舌鼓。旧家の佇まいの中に、京風の造りが随所にあったり、各部屋から炊事場につながっている呼び鈴が残っていたりと、「へえ~っ」と感心することばかり。建物へのこだわりに、大館の偉人の心意気を感じました。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●    

【参加者からのレポート(一部抜粋)】
○今回の研修に参加しなければ出会えなかった人生の大先輩、本当の家族のように笑顔で迎えてくれたお母さんに本当に感謝でいっぱいだ。「若い人をどんどん巻き込んで、私達の運動を大きくしていきたい!そのためには、あなたたちの力が必要なんです!」そう、力強く話すお母さんはとてもたくましく本当にかっこよかった。
○私が大館市でサポーターとして活動するなら、外国人を対象とした伝統工芸品について知ってもらう体験ツアーを企画したい。
○本場のきりたんぽを食べることができるだけはなく、作る過程から参加できることは貴重であるし、食文化に触れ、その調理・加工体験に参加すれば「食べる」ことが「学ぶ」事となる。 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●    
大館でも、新たな出会いと新たな発見がありました。受入農家の皆さんと参加者とのつながりが、ずっと続きますように、事務局もお手伝いしていきます。

秋田花まるっ 元気通信

【告知】美郷町ラベンダー園~美郷雪華~
珍しい白色のラベンダーは、美郷町オリジナル品種の「美郷雪華」だそうです。 まさに、美郷町の初夏に咲

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神