「’09 秋田県大仙市西仙北で田舎体験
     
~稲刈り&秋の味覚~その❶」
           
-ほのぼの編ー

去る9月19日・20日―暑い夏に再び戻るような太陽。
その一方で心地良い秋風に一息つく晴天の中、
大仙市西仙北で開催された田舎体験(私は20日のみ)に参加してまいりました!
 

 

 

私がお世話になったのは伊藤次雄さん、ミツさんご夫妻
はじめまして、なんて挨拶もそっちのけで「まず上がれ~(^^)」温かく出迎えて
れました。

 

 

 

前列:左から次雄さん、ミツさん

後列:左から一緒に参加したヒッキー、みやちゃん、私

 

 

 ーいざ、畑に出陣ー
❉ じゃがいもの収穫 

  

「収穫の時期が少し遅れてしまった」と次雄さんは
言っていましたが、
それはそれは立派なじゃがいもが 、次から次に出てくる出てくる。  

 一緒に体験したヒッキー、みやちゃんと「もうないな、という止め時がわからないよね」なんて話をしながら
ひたすら掘りました。掘りながら次雄さんから衝撃の発言!「じゃがいも嫌いなんだよなぁ」・・・びっくり。
でも「家の母さんはじゃがいも煮るのがうまいからそれは食えるんだよ」なんて言っていました。

 

他にも畑には野菜がいっぱい

 

 

里芋の収穫は全身の力を使って。
大きな葉と格闘しました。

 

太陽のめぐみを浴びた、もぎたてのトマトは甘くて、
苦手な人もおいしく食べられました。

 

・お昼ごはん♫・
ミツさんが作ってくれたカレーといものこ(里芋)汁をみんなでお皿によそって「いただきます!」

 

 

トマトとりんごが入ったカレーは甘く、そこにいた
全員がおかわり。お腹いっぱい!
 いものこ(里芋)汁も秋田ならではの一品☆
 畑仕事のあとの食事は食べ物に感謝しながら、
 わいわいと!

 

・枝豆農家の仕事 拝見・

伊藤家は枝豆農家。『秘伝』という品種の枝豆を出荷しています。
こちらが「秘伝」見た目つやつや。実はさやからあふれんばかりに大きい。
塩味なくてもいけます!まさに、プロの味。

 

   午後は車で移動して枝豆の秘伝が育つ畑へ。
   端から端まではカメラに収まらないほどの見渡す
   限りの畑と枝豆の緑。

 「毎日、今日は実が成っているかと見にくるのが楽しみだ」という次雄さん。
育った食物はどれもかわいいと顔をほころばしてお話してくれました。
畑はたくさんの愛情で溢れています。
   
      
 収穫体験のあとは、枝豆の選別作業。実がぎっしり詰まっています。お二人の厳しい目に妥協はありません。    

・楽しくクリ拾い・

愛情たっぷりの畑の手前には栗の木が堂々と何十本も立っていました。
しばし、みんな無言になりつつひたすら栗拾い。

      
 帰り際に栗の木から毬栗を鎌で枝ごと切ってくれて、「秋らしく玄関にでも飾って」と粋なお土産をくれました。次雄さん、どうもありがとう。    

 

・特派員体験記・

 

これまでに農業体験にやってきた子供たちからの贈り物が、
伊藤家の廊下に大切に飾られている。

一日の体験もあっという間に終了。

たった一日…。

たった数時間の出会いにも関わらずたくさんの経験とぬくもりをもらいました。

 

何度も「遊びにきてな」と言葉を繰り返してくれた次雄さんとミツさん。そして最後に杖をつきながら見送りに出てくれたおばあちゃん。

農業体験で食べ物を得ることの大変さを学ぶことができた以上に
人のぬくもりに触れることが出来た一日でした。

また遊びに行くからね。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

主催:西仙北グリーン・ツーリズム協議会(佐々木義実会長)
本体験には東京・千葉・神奈川、また県内からも多くの方が参加し、
私がお世話になった伊藤さんご夫妻のほか、四農家の皆さんに受入をしていただきました。
改めてお礼申し上げます。

 

                                       県南担当・けこさん。

 


秋田花まるっ 元気通信

【告知】美郷町ラベンダー園~美郷雪華~
珍しい白色のラベンダーは、美郷町オリジナル品種の「美郷雪華」だそうです。 まさに、美郷町の初夏に咲

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神