第3回 もちっこバイキング
グリーン・ツーリズム西木研究会
2011年1月30日

約30種類のバリエーション豊富なもちっこ。
箸休めには、目にも鮮やかな約20種類のがっこ(漬け物)。

 

今年も仙北市西木町で、グリーン・ツーリズム西木研究会(代表:藤井けい子)によるもちっこバイキングが開かれました。行事があるごとに餅を食べる風習があったこの地域。各家庭に伝わるその味をみんなに食べてもらおうと、このイベントが始められたそうです。

 

当日はあいにくの悪天候でしたが、会場は秋田市からお越しのあきた市民農樂校の皆様をはじめ多くのお客様が集まり、顔と顔を合わせ、弾む会話から生まれる温かい笑顔で包まれました。





       
   

11時開場に向けて、西木町のお母さんたちの忙しさもピーク。藤井会長(右から2番目)の指示に、お母さんたちもテキパキ動きます。 受付準備も万端。もちっこバイキングの他に、星雪館の干し餅や泰山堂のおばあちゃんが作った毛糸の靴下なども目を引きました。
   

 

 

今か今かと待っていたお客様たちが会場に入り、もちっこに箸を伸ばします。

 

バイキングなので、もちろんいくら食べてもOK。皆さん、ズラリと並んだもちっこに思わず顔がほころんでいました。お好みのもちっこをいくつ見つけたことでしょう。

   

*餅つき体験
力強く杵を頭上に掲げ、一気に振り落とす。女性だって引けを取りません!今も変わらずお正月は臼と杵で餅をつくという、農家民宿のどかの高橋佳子さんが合いの手役を務め、大いに盛り上がりました。
   

 

   
こちらは湯沢市のFMゆーとぴあ・パーソ
ナリティとしてご活躍されている鎌田純子さん(右)。お知り合いの女性を連れてプライベートでの参加でしたが…。
もちっこの美味しさをレポートすべく、藤井けい子会長にインタビュー。藤井会長も、さすがと思わせる受け答えでした!お二人ともかっこいい☆
   

こちらはお腹いっぱいに食べて、おしゃべりに花を咲かせるお客様たち。ご夫婦と大仙市からお越しのお客様(写真手前)は初対面なんですよ!連絡先を交換するほど意気投合されたそうです。もちっこが繋げてくれた交流ですね。 こちらは秋田市からお越しのご夫婦と会話が弾む、星雪館の門脇富士美さん(写真右)。横手市出身の奥様は「初めて食べる餅もありましたが、なると餅やくるみ餅など懐かしい味がたくさんありました。」と堪能されたご様子♪
   

「東京などあちこち歩いて、いろんな味を食べ比べしてきたけど、特におつゆ餅(雑煮)は料亭の味がしました。漬け物も完璧、言うことなし!」
あきた市民農樂校を通して申し込みされた秋田市の女性は、大絶賛。

   




       

「無事に終わってホッとしたなぁ。
(お客様も会員の皆さんも)みんなの良い顔が見れていがった。
それにしても、研究会のみんなは頑張るなぁ、すごい!」

無事に終わって一息つき、藤井会長が優しい語り口で話します。
努力や技術を集結し、互いに認め合う西木町のお母さんたちは、やり遂げた
達成感に満ちていました。

 

“もちっこ”は、どの家庭でも食べられる、決して目新しい食べ物ではないかもしれません。
ですが、西木研究会のお母さんたち、そしてその子ども世代の協力が大きな強みとなり、ただの“もちっこ”が懐かしくも、新鮮にも人の心を動かします。
温かなおもてなしの中、お客様たちは体験を楽しんだり、気になるメニューを
メモ帳に書き留めたり…。お客様たちに刻まれた思い出や収穫は笑顔となって、
西木町のお母さんたちのやる気に繋がっていました。
 

県南担当 けこさん


秋田花まるっ 元気通信

【告知】たざわこクラフト市 2017
たざわこクラフト市実行委員会様より、ご案内いただきました。 5月20日(土)、21日(日)の両日、田沢湖

…続きを読む>>

エリア別情報 田沢湖・角館・大曲 鹿角・大館・北秋田 横手・湯沢 由利本荘・鳥海山 秋田・男鹿 能代・白神